おしまいは、つるま自然の森に咲いた「きつねのかみそり」


こちらは、北地区に最近できた私営の農園です
 近くにぶどう畑もあります
東地区に最近できた比較的大きな市民農園

70区画ほどあります
 
  
 ノウゼンカズラ
の花  国原産 (ノウゼンは古名ノウセウ(陵?)の転、樹液は有毒)  −南地区にて
 
     ***百日紅(さるすべり)の話***

 中国のお話です。
若い男女が恋に落ちました。
男は官吏の身で遠地まで赴くことになりました。
「仕事をすませてきっと帰ってくるからね」
と言い残して去って行きました。
女は一日千秋の思いで待ちわびていましたが、男はとうとう帰ってきませんでした。

女は寂しさのあまり死んでしまいましたが、その後には真っ赤な花が百日間咲き続けたということです・・・。
夏の花といえば百日紅(さるすべり)

ー赤のほかに「しろさるすべり」や「うすむらさきさるすべり」もあります


  ー写真上は北地区のほほえみ通り、
    右は南地区にて
旧盆前から開放されていました
生産緑地」とは?

南の市街化区域には「生産緑地」という土地区画がいくつかあります。

「生産緑地地区は、市街化区域内にある・・・都市環境の保全などに役立つ農地等を計画的に保全して、良好な都市環境の形成を図る都市計画の制度です」

・農地として管理することが義務付けられます。
・ 市が生産緑地であることを表示する標識を設置します。
・ 固定資産税は、一般農地の課税になります
・ 500平方メートル以上の農地であること 、 農地のほかに、酪農・林業・漁業の用に供されている採草放牧地、森林や池沼等も対象となります

   →以上詳しくはこちら(川崎市のページ)を参照


 
 南の市街化区域の「生産緑地」に咲く花々


  No.7 内山の農園・夏の花        2009.9.1

内山に10箇所以上ある公営・私営の農園、市街化区域の「生産緑地」そして夏の花を紹介します・・・
内山と近隣の、街づくりの”たからもの”をお伝えします