久光さんの農場で収穫した里芋などを加えての恒例豚汁、おむすびや漬け物、ミカン、パン、ビール、お菓子などを持参、差し入れてくださった方々、

現みどり公園課の方、元みどり公園課だった方、
みなさん、ありがとうございました。




・・・みんなでおいしくいただきました。
・・・「納めの会」のあいさつ、紹介等がおわって「植樹地」や「アマドコロ」の生息地で、地面の日当たりを良くするため、軽く落ち葉あつめ作業を行いました。










一方では「納めの会」の準備。
恒例になっている間伐した木枝、枯れた幹を
ごんごん燃やして熾(おき)火でつくったたくさんの焼き芋。

相模原市”こもれびの森”の手入れをしている「東林野鳥の会」のかたからは、
かつて「神奈川の野鳥50選」でつるま自然の森がトップに選ばれたが、今も森の適度な手入れのおかげで、ここの野鳥の数は大変に多いのです、
という話がありました。
つるま自然の森以外の、深見歴史の森、泉の森等の手入れをされている、いくつものグループも参加。
活動の場所や様子について話をされました。
        
12月21日(土)。快晴。雲ひとつなく。

お天道さまに畏怖と敬意と感謝を込めて、
青空いっぱいのアングルも選んでの全員集合写真
40名の参加。老・若・男・女そして「幼」も。

ご参加をありがとうございました。
2013年。
「つるま自然の森」があったからこそ手入れができました。
みなさんのおかげです。

(つるまの森保全協力会 小杉皓男さんのメールより)

          ーおわり-     
No.9  ”つるまの森保全協力会” 納めの会 2013年12月
内山と近隣の街づくりの”たからもの”をお伝えします